出版物のご案内 東京国際会計 ニュース
  
  出版物のご案内
IFRS初度適用の実務
 
 

書名

IFRSがわかる講座

著者

株式会社 東京国際会計ほか

出版社

みずほ総合研究所

発行日

2010年10月

IFRSがわかる講座
 
金融会計アドバイザリー 本書の特徴 
 

IFRSの本質を理解するためには、IFRSの“モノの考え方”を多面的に考察する必要があります。本テキストでは、時価評価と包括利益をキーワードに、IFRS導入による影響を会計、業務、経営管理、企業分析の視点から幅広く解説しています。


 
金融会計アドバイザリー 目次
 

    上巻「IFRSとは何か」
    I.IFRSの概要
     1.IFRSとは何か
     2.IFRSの特徴
     3.IFRSの概念フレームワーク
     4.IFRSの基本財務諸表の体系
    II.IFRSによる影響
     1.会計上の影響
     2.経営管理体制への影響
     3.M&A戦略への影響
     4.企業業績の分析指標への影響
     5.ITシステムへの影響
    III.国際動向と日本への導入
     1.IFRSの発展の歴史
     2.IFRSを取り巻く世界の動向
     3.金融危機がIFRSに与えた影響
     4.日本におけるIFRSの導入

    下巻「IFRSの会計基準」
    I.資産項目
     1.棚卸資産
     2.有形固定資産
     3.借入費用の資産化
     4.リース
     5.無形資産
    II.負債項目
     1.引当金
     2.資産除去債務
     3.年金
    III.金融商品
     1.有価証券
     2.貸付金および貸倒引当金
     3.デリバティブとヘッジ会計
    IV.包括利益計算書
     1.収益認識
     2.非継続事業の開示
    V.M&A会計、連結
     1.企業結合とのれん
     2.連結、持分法
    VI.その他
     1.外貨換算
     2.過年度の財務諸表の修正
     3.セグメント報告